格安なのが魅力!ジェネリック医薬品を知ってみよう

ED治療薬のジェネリック品について

日本で普及されはじめている、ジェネリック医薬品。
同じ有効成分で作られているけど、格安で購入できる長所を持っています。

そもそもジェネリック品とは、先発薬(新薬)を元に作られた後発薬のこと。
先発薬よりも大きさや味などが改良されて、製造されている後発薬もあります。
新薬はかなりの時間とコストをかけて開発されています。
期間は9~17年、費用は数百億円もと制作スタッフの努力のすえにできあがっているのです。

製薬会社が作った新薬は特許を出願して、その間は有効成分を独占的に製造・販売する権利が認められています。
特許がすぎると、他の医薬品メーカーが有効成分を使ってジェネリック品を製造できます。
先発薬と比べると、有効成分はすでにあるので製造方法(添加物の変更)を変えるだけなので、開発コスト・期間は大幅にダウン。
3~4年の歳月と約1億円の費用で完成するので、格安で提供することができます。

ED治療薬で有名な、バイアグラ・レビトラ・シアリスにもジェネリック医薬品が存在します。
それぞれから1つジェネリック品をピックアップしたので、ご紹介します。

【先発薬→後発薬】
バイアグラ→カマグラ
バイアグラと同じ効果を持った、カマグラは沢山の種類があります。
ノーマルなタイプからお菓子感覚で服用できるもの、早漏とEDの2つが解決できる優れた効果を持っているカマグラです。
シーンによって使い分けができるので、気になる方はチェックしてみてください。

レビトラ→バリフ
バリフは、レビトラより1600円も安く買えるコスパ最強のジェネリック品。
効果は同じなので、レビトラを服用していた方は乗りかえてみるのもオススメです。

シアリス→タダシップ
タダシップは長時間の効果をもっていながら、食事の制限が少ない使いやすい後発薬です。
シアリスが世界シェア率No.1なので、タダシップも同等に注目を集めています。